引越しのシーズンを格安料金でする方法はあるのか?

シーズンの引越し料金を少しでも安くしたい人へ

「引越しをシーズンに予定しているんだけ料金がすごく高そう」

 

はい、そのとおりです。

 

可能であれば1ケ月ぐらい前後に日程をずらすことが理想ですが、そんなことをできる人はほとんどいないでしょうね。

 

ではどうすれば少しでもシーズンに安く引越しできるのか。そんな方法を以前引越し業者に努めていた私が検証したいと思います。

 

目次

 

ピークシーズンっていつなの?

何はさておき確認しておきたいのが、あなたの引越し日は本当にシーズン(繁忙期)なの?ってことです。引越し予定日が3月ってだけで過度に警戒している人がいますが、3月の全ての日がシーズンってわけでもありません。そもそも引越しのシーズンに決まった日程はありません。

 

具体的には3月中旬以降から4月上旬までの期間で3月下旬に近づくほど忙しくなります。これらの期間の中で土日や祝日、大安や友引が重なる日に特に集中します。

 

賃貸、家賃の締め日の関係から引越しはシーズン以外の月も下旬にかけて忙しくなる傾向があります。もしかしたら3月の上旬よりも2月の下旬の方が引越し料金は高くなるかもしれません。

 

ホームページ上でカレンダーを用意して安くできる日を設定している引越し業者もありますので、ぜひ見てください。サカイ引越センター、アーク引越センター、アリさんマークの引越社のカレンダーを確認しましたが、どの会社も3月上旬はお得な日に設定していました。

 

自分の引越し日がシーズンにあたるのなら、とにかく見積もり依頼を早めにしましょう。直前の見積もりだと各引越し業者も満車に近い状態の為に、足元を見られて高めの料金を提示されてしまいます。

 

3月、4月はそんなに引っ越し料金が高いの?

「3月、4月の引っ越し料金が高いって言ってもせいぜい1万2万でしょ」そう思っているならかなり考えが甘いです。

 

私が勤めていた当時の相場でいうと、普段の月なら10万円以下でできる引越しがシーズンなら20万、30万円という割増料金も普通にありました。

 

とくにひどいのが遠方への長距離引越しで、地元で件数をこなしている方が稼げるためにあえて断られるような見積もり金額を提示されることもあります。

 

ただこれは一概にシーズン料金が高過ぎるというわけでもなく、普段の月が不況や業者の乱立のせいで安過ぎる料金に落ち着いてしまったのも原因にあります。この時期だけは、これだけ高い料金を提示しても仕事が取れるということなのです。

 

たしかに、これだけ違えば1ケ月ぐらい時期を変更した方が良いとオススメしているホームページが多いのにも納得です。

 

しかもシーズン時期の引っ越しは普段の社員だけではさばききれないために大量のアルバイトや派遣を雇っているのが実情です。当然、作業・サービスの質も普段の月に比べればぐっと落ちます。値段は高いのにサービスの質は低いという依頼する側からすればなんともやりきれない状況なのです。

 

 

安い引越し業者を探すオススメの方法

ではシーズンの引っ越しが決まっている人はどうすればいいのか?これは普段の月よりも早い時期にできるだけ多くの引越し業者へ見積もり依頼するしかありません。

 

料金の相場自体が高いので数万の値引きは合い見積もりによって、すぐに引き出せるでしょう。他の時期もそうですがシーズンは特に1社だけでは決めないください。

 

しかし、それもトラックの空き状況に余裕がある場合についてのみです。引越し業者が残り1件しか受けられないような状態で見積もりを依頼しても高めの料金を提示されるのは当然です。

 

むしろ引越し日が迫っているお客様の心情は「高くてもいいからお願いしたい」となっています。

 

しかし電話にしろメールにせよ、1社1社問い合わせて見積もりを依頼するのって、時間も掛かるしとても面倒です。

 

そこで活用してほしいのが一括見積もりサイトです。

 

あなたは自分の引越し条件を入力してクリックするだけ。たった一度の入力で最大10社の引越し業者に見積もりを依頼できるのです。

 

これなら引越しの準備でいろいろと忙しいあなたの大切な時間も節約できて、シーズンでも最安値の見積もりを得るのも簡単です。

 

 

 

シーズンに少しでも引越し費用を安くするコツ

ちょっとした工夫でシーズンの引越し費用はまだまだ安くできます。ここからは格安の見積もりを受けるためのコツをご紹介したいと思います。

 

訪問見積もりの前に不用品を処分

訪問見積もりに行くと、不用品と荷物がごちゃごちゃになって、実際の荷物量が判断しづらい家庭があります。お客様に聞きながら見積書にリストアップしていくものの、そんな家庭での正確な荷物量の把握はベテランスタッフでも難しいものです。

 

結果、不用品が最悪荷物という前提での余裕を持った見積もりになってしまうのです。当然必要なトラックも大きく、見積もり額も高めに設定されます。

 

実際、見積もり時はゴミだと言ってた物が、作業時には持っていくというお客様もいるので、見積もり時の発言を鵜呑みにはできません。

 

可能な限り分かりやすい状態にしておくのが、引越しシーズンで無駄な出費を防ぐおすすめの方法となります。

 

トラックの到着時間を相談する

日程を引越しシーズンから動かせないならトラックの到着時間によって引越し費用が安くなる場合があります。

 

一般的には午前よりも午後のほうが安くなるし、単身引越しなどの少ない荷物量なら夕方からスタートさせる場合もあります。

 

また業者都合のお任せにしておけば、たまたま空いていた場合に安い料金で午前便にしてもらえることもあります。

 

しかし、何分忙しいシーズン時期のこと、大幅な到着時間の遅れに合う可能性も否定できないので、覚悟はしておきましょう。

 

積み切りプランでの契約

小さなトラックで運べるだけといった積み切りプランなら全部運ぶ場合と比べてシーズンの引越し費用も安くなります。

 

自家用車でダンボールは頑張って自分で運ぶ気持ちがあるなら、節約のためにも活用したいプランです。

 

ただし思ったほど積めなかったり営業マンの約束と違うと言って揉めることも何度か経験しました。

 

絶対運んで欲しい物があるなら契約書のリストに記載漏れはないか念入りに確認しておかなければいけません。

 

梱包用ダンボールを自分で集める

引越しシーズンに少しでも料金を安くしたいなら梱包用ダンボールを自分で集めるっていう方法があります。ただし、荷物量自体が多い家族引越しであれば、あまりおすすめできません。スーパーやホームセンターでもらえるようなダンボールは不揃いで強度的にも引越しには不向き。荷物の破損や作業時間の遅延にも繋がります。

 

できるとすれば以前引越しした分を残しておくか、知り合いで引っ越しした人からもらうことです。単身引越しであれば、そこまでサイズの不揃いで神経質になる必要はないかもしれません。せいぜい10数個のダンボールならなんとでもなるからです。

 

ただし、破損を防ぐために梱包用のダンボールはなるべく頑丈な物をもらいましょう。

 

不用品の買取サービスを利用する

最近は、リサイクルショップだけでなく、不用品を積極的に買い取ってくれる引越し業者も増えてきました。まだ年式が新しい物であれば、不用品処分でお金が掛かるどころか逆にお金がもらえる場合もあるのです。

 

荷物が減ることにより引越し代も安くなると言うことなしですね。特に単身向けの冷蔵庫や洗濯機は重要が高い商品で高値がつく可能性が高いです。

 

実家へ戻ったり、結婚のための引越しであれば、当面それらは使わないはず。特に長距離引越しでは費用もばかにならないので、できるだけ荷物を減らすのがおすすめです。

 


引越し侍公式サイト:https://hikkoshizamurai.jp/